事業紹介Business

火力事業

Thermal Power

火力発電プラントの建設、保守における
日本屈指の工事会社として電力の安定供給に努めています

日本建設工業は、戦後間もない昭和23年から火力発電プラントの建設工事に携わってきました。以来、電力会社の事業用発電プラントを主体に、様々な企業の工場内などに設置される産業用発電プラントの建設工事や保守点検、補修工事を広く手がけてきました。火力発電プラントは、石炭、石油、天然ガスを燃料に、ボイラで発生させた蒸気でタービンを回し、発電機を回転させて電気を起こします。当社は、そうした火力発電プラントの中で、主要機器であるボイラ、タービン、発電機、集塵機及び付属設備の据付工事や諸試験工事の計画から施工、そして保修・点検までを一貫して担当しています。発電プラントに求められるは、何より必要な時に、必要な電力をつくり出すことです。そのためには建設工事はもちろん、その後の保守点検、各種補修・改造工事においても、品質の高い施工が求められます。全国に広がる様々な種類の火力発電プラントの建設、保守メンテナンスを手がけてきた当社は、日本屈指のその工事会社として顧客の皆様から厚い信頼をいただいています。

火力発電プラントの工事需要が増える中、
全国各地で数多くのプロジェクトを進行させています

東日本大震災以降、電力の安定供給の主体を担っているのは火力発電です。火力発電プラントの安定的な運転が社会を支えているといっても過言ではありません。そのため、震災後、火力発電プラントの大型改造工事や新規建設プロジェクトが全国で増えています。また、電力の自由化を背景に、震災直後の電力供給の逼迫化を大きな契機として、企業が自社の工場内に自家発電設備を設ける動きも急増しています。このように、火力発電プラントの建設需要が高まる中、日本建設工業は数多くの工事実績で培った豊富な経験やノウハウ、さらには自社の電気・機械グループの技術力も活かして、全国各地で火力発電プラントの大型改造工事や新規建設プロジェクトを進行させています。

対応設備

ボイラ設備

ボイラ設備

ボイラの据付工事の実績は175缶を超え、その保守・点検・補修工事に至るまで幅広く手がけています。近年は、コンバインドサイクルサイクル発電(ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた発電方式)で使用される排熱回収ボイラの据付工事も増えています。

タービン設備

タービン設備

発電用タービンには、蒸気タービンとガスタービンがあります。当社は、発電設備の中核として高い施工精度が求められるこのタービンの据付工事において、容量1MWから900MWまで90基を超える実績を有しています。

自家用発電設備

自家用発電設備

東日本大震災以降、産業界では自らの事業所への電力の安定供給のため、新たに自家用発電設備の建設を進める企業が増えています。当社は、長年にわたり培ってきた火力発電プラント建設における施工技術やノウハウを活かし、石炭ガス化複合発電をはじめ、最新のガスタービン、排熱回収ボイラなどを導入した高効率の自家用発電設備の工事実績を積み上げています。

コンバインドサイクル発電設備

コンバインドサイクル発電設備

火力発電設備において、発電効率が高いことから近年主流となっているのがコンバインドサイクル発電です。これは、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた発電方式で、従来の火力発電よりも同じ量の燃料でより多くの電力をつくることができます。当社は、こうした最新鋭のコンバインドサイクル発電設備の建設工事にも積極的に参画し、実績を残しています。

現場レポート01

発電所内に自社の作業所を常設、
迅速な対応で顧客から高い信頼を得ています

日本建設工業は、工事を手がけた全国に広がる8か所の事業用火力発電所内に自社の作業所を常設し、建設や保守点検、改修工事などにあたっています。また、作業所からの出先出張所として数多くの現場を持っています。こうした地域に密着した体制のもと、定期点検工事はもとより、緊急に発生する工事に対しても迅速に対応することで顧客から高い信頼を得ています。

産業用発電プラントの一式受注が
急増しています

電力の自由化を背景に、3.11以降の電力供給の逼迫化を大きな契機として、企業が自社の工場内に自家発電設備を設ける事例が急増しています。事業用発電プラントと比べて比較的小規模なこうした産業用発電プラントでは、プラントの一式発注が多く、基本計画から携わるケースが増えています。日本建設工業は、火力発電プラントの建設工事で培った豊富な技術やノウハウに加え、自社の電気・機械グループの技術力も活かしてこうした要請に応え、産業用発電プラントの建設工事実績を増やしています。

施工実績はこちら